非喫煙者のVAPE LIFE@きゃーめ

たばこがこの世で一番嫌いな非喫煙者のvapeブログ。vape全般の記事でMOD、リキッド、アトマイザー等のレビューを行っていきます。

雑談 @ RBAについて思うこと

どーもー!非喫煙者vaperのきゃーめです!今回もvape記事を書いていきたいと思います。今回は雑談ということでRBAについて私が思うことを書いていきたいと思います。

まず、そもそもRBAとは何かというと、まあー簡単に言えば手巻き用のアトマイザーの総称ですね。細かく完璧な説明はしません。RBAは手巻き用のアトマイザーを全てひっくるめますが、その中によく聞くRDAとかRTAとかRDTAとかが入ってきます。

初心者の方や中級者の方でクリアロマイザーしか使ったことがない方からすればかなり敷居の高い認識だと思います。私もvapeを始めた頃は、そもそもRBAの存在に全く気付いてなくて、ネットの情報からちょこっと見たときもかなり複雑で難しそうだなーという印象でした。でも、実際にやってみると案外そんなことなくて以外と簡単です。しっかりと知識をつけて使用すれば長い目でみて低コストだし、クリアロに比べてリキッドの味も良く出るし、いろんなセッティングによって自分好みに楽しめるしと良いことがたくさんあります。すべてのRBAに共通して使用する道具はワイヤー、コイルジグ、セラミックピンセット、コットン、Ωメーターで最近は焼き入れも出来るΩメーターがあるのでそちらを買えばかなり楽です。あとは、ドライバーやら、ニッパー、六角レンチくらいでアトマイザーの付属品にドライバーやら六角レンチは付いているのでそのまま使用することもできます。その他には好きなRBAとMODですね。私的には回路のないメカニカルMODよりも保護回路が付いているテクニカルMODがおすすめですね。バッテリーの負荷も考えないと普通に爆発等の事故に遭う可能性が高いです。オークション、フリマサイトなどで、間違ってでもハイブリッド接続のメカニカルMODのクローン品だけは死にたくなかったら買わないほうが良いです。冗談抜きで事故りますよ。かなりの自信と知識、あとはすべて自己責任なのでメカニカルMODはよく考えて使用してください。

話がそれてしまいましたが、テクニカルMODなら安全にRBAでも楽しめます。

そして、先ほどの道具を使って、簡単にビルドの説明をしますと、まず、必要分だけワイヤーを切ります。そして、コイルジグでコイルを整形し、Ωメーター兼焼き入れが出来る物にアトマイザーをセットします。RBAデッキにコイルをセットし抵抗値を測り、大丈夫そうなら焼き入れをします。ホットスポットと呼ばれる火の通りが均一でない状態がなくなるまでピンセットでコイルをぎゅーっとつまんだりします。そうすると、均一に火が通るようになるのでそうなったらコイル準備は終わりです。あとはコットンをちょうど良い大きさに切ってコイルに通し、リキッドを垂らして、アトマイザーの部品を組み立てれば完成です。まあーざっと説明したのでかなり説明を省きましたが、こんな流れです。技術的なことも難しくなく、コイルの整形もコイルジグを使用すれば簡単ですし、Ωメーターで焼き入れも出来ますし、難しいことはありません。デッキの構造はRDA、RDTA、RTAなどで変わってきますが、初めはRDAを使用すれば大丈夫です。慣れてくれば他の色んなものを試していけば良いと思います。また、別の記事でRDA、RTA、RDTAについて簡単にですが説明していきたいと思います。今回はこんな感じで終わります。

では!良きVAPE LIFEを!!